ゴルゴのび太説 睡眠コントロールの天才ぶり

ゴルゴ13の過去はのび太だった説
二人とも眠りの天才である。のび太が昼寝ばかりしていることは有名である。なんと1秒以内に熟睡できるという。既に少年時代から睡眠レベルのコントロールという才能を発揮しているものと考えられる。ゴルゴも初期作品から、腕時計のアラームをかけて狙撃直前に寝ていることがあった。彼の寝首をかこうとしても襲撃の寸前に彼は必ず覚醒し反撃する。超能力者に護衛された相手を狙撃するために、ヨガの修行をして瞑想状態に入り、狙撃の瞬間にいきなり覚醒して狙撃に及ぶという離れ業も演じる。このゴルゴの睡眠コントロール能力は、少年期からの修行に基礎を置くものと考えられる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中