プリンタが

調子が悪い。
NICUで処方や検査項目を入力すると処方箋や検査伝票(バーコード付き)のシールが印刷されるのだが、とくに検査伝票がしょっちゅう紙詰まりを起こす。端末でエンターキーを押したら、すかさずプリンタの前に移動して、印刷用紙トレイから一枚ずつ優しく取り込み口にラベル用紙を押し込んでやらなければならない。
手間のかかるプリンタであるが、検査項目に応じたバーコードを定規とボールペンで描けと言われるよりはまだマシだろう。うちの病院は真面目にそれを言い出しかねない恐さがある。
筐体には青い字でIBMと書いてあるが、まさか天下のIBMがこんな碌々印刷できないプリンタを作るわけがない。これは恐らくは「インターナショナル・ボリシェビキ・マシーンズ」の製品なのだろうと思う。ソビエトの崩壊に伴って横流しされ、ウラジオストックあたりから舞鶴へ船積みされたものだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中