我田引水かもしれんけれども

怒りとともに
このように書ければよかったのだ。私も。
波は静かだが深く底の見えない怒り。
相手を捉えて離さずその脆弱な怠惰さを粉々に洗い流すだろうが、
決して溺死させることはないような。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中