やっぱり、一つのミス、ですか。

琥珀色の戯言 – 「本音を書くな」と見解の相違
再々のご回答ありがとうございます。今回は私の言動に関してご言及いただきましたので、今度は私がお答えするべき番かと思います。

正直、先生が「やはりそれが医者の本音だということがわかって悲しかった」というふうにすぐに「転向」なさる程度の意識であれば、http://childdoc.exblog.jp/2185770#2185770_1で書かれたような、一研修医への激しい叱責は、あまりに度を過ぎたものだと僕は感じます。

言葉が過ぎたことは再々読者諸賢からもご指摘を賜っており、この点についてのご批判はもっともと思います。まずその点は認めます。
ですが、医者の多くがその本音を共有しているという認識を強めたということが何故「転向」なのかがよく分かりません。もともと、他に考えることがあるはずだろうとは申し上げましたが、他の医者は誰もそんなことは考えてないぞということを根拠に彼女を叱責した記憶はありませんから。
私がそういう認識を強めたとして、それは私の「一研修医への激しい叱責」の度が過ぎたというご意見を補強する論拠にはならないと思います。
周りの先輩の言動や雰囲気から何となく彼らがそう思ってることが察せられた、その尻馬に乗って、ほんらい絶対に言ってはならないはずのことをのほほんとブログに語ってしまうという、そういう油断して世間を舐めた態度を取られるのは、私には不愉快きわまりないです。言説の内容の不愉快さに態度の不愉快さが加わります。ですから私としては、彼女の周りの多くの医師もまた内心はそう考えているかもしれないと考えてみたとて、そして彼女はそれを受け売りしたに過ぎないと考えてみたとて、それが彼女への怒りを減殺する要素にはならないです。

あるいは、「そんな本音を書くな」とアドバイスされた方々には、なぜ、怒りの矛先が向かなかったのか?

ご指摘どおりです。何故でしょうね。今さら考えてみました。
いや、実際のところ向ける気にならなかったんですよ。彼らに怒るのはなんか不当なような気がしました。その助言を拝読して、悲しいなとは思いましたけれど。
怒らなかったのが間違ってるとは思えません。そういう助言をされた人たちがその「本音」にご自身で賛意を表明された訳ではありませんし。確かなのは、そういう助言をなさった人もまた「あの言葉は彼女の本音に属することである」「そういう事を多くの医者が本音として胸に秘めている」「それを正面から論破してはかえってご自身のほうが野暮な世間知らず(あるいはそれに相当する愚か者)扱いされる」とご認識であるという、そこまでではないかと思います。私とあんまりお立場に違いがあるとは思えないのです。悲しい現状認識が、なお悲しいことに他の諸先生により肯定されたといいますか。彼らと私の差は、単に、身内の将来の不遇を具体的に想像する立場にあるかどうか、それだけじゃないかと思います。
いや、当時そのように明確に考えてたわけじゃありませんよ。当時はただ、悲しいけれど彼らに怒る気は起こらなかった。それだけです。今さらのように矛盾のない物語を編み出しているだけじゃないかと仰られたら、そのご批判は甘受いたします。

【1つのミスを指導医に徹底的に責められ、自分の言い分はすべて「正論」で返されて逃げ場もなくなり、精神的に追い詰められて病院の屋上から飛び降りてしまおうとしている研修医の蒼ざめて引きつった表情】というのが、僕の心に浮かんできて、消すことができないのです。

やっぱり、「一つのミス」なんですかね?そのミスで迷惑被った患者さんへの言及は省略できるレベルの些細なミス。たとえ比喩レベルでも私はそこまであっさりした総括はできません。正直申し上げて、先のゾウと飼育係の比喩以来、なんとはなく問題を矮小化されてるような気がしてなりません。たぶん、誰を身内と考えるかということの、先生と私との相違なのだと思いますけれども。
1つのミスリハビリで歩行訓練中の患者さんに「もっとしゃきっと歩きなさいよ!」と聞こえよがしに吐き捨てたのを指導医に徹底的に責められ、「だってあんな怪我がほんとに痛いわけ無いじゃないですか」という自分の言い分はすべて「正論」で返されて逃げ場もなくなり、精神的に追い詰められて病院の屋上から飛び降りてしまおうとしている研修医の蒼ざめて引きつった表情】というくらいしか、今度の彼女の心象を想像するのに、私には考えられません。いや、飛び降りてしまえと申してはおりませんよ。自分がそこまで追いつめたんだろうなとは認めますということです。また当然のことですが自分が彼女を屋上へ追い上げたことを「彼女のためを思えば」とか言って恩を着せるつもりはないです。飛び降りずに屋上から歩いて戻ってきて欲しいと思いますよ。一歩一歩、自分の来し方を振り返りつつ。

他者を教え諭すにしても、やはり、ある種の「受容」が必要だと思います。ましてや、まだ「未熟」だと思うような相手になら、なおさらのことです。

ご指導痛み入ります。

僕の「想像」を、先生は「ありえないこと」とお笑いになられますか?

笑いはしませんが、悲しくなります。fujipon先生にして「1つのミス」レベルの話なのかなと。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中