公言した段階から批判が始まるのでは

拙稿に貴重なコメントをいただいたのですが、長いお答えになりましたのでコメント欄では不便すぎ、ここは管理者の権限を濫用して新しい記事で回答とさせていただきたく存じます。
私自身はホームレスの方々の医療の公的負担について疑問を持つ立場にありません。道徳的に高潔だというのではなく、単に、この7年ほど小児しか拝見していないからです。時間内は言うに及ばず、当直帯にもNICU当直の傍ら小児のみ時間外救急を拝見しています。一般当直は内科や外科の先生方が別に全科当直で居られますので、成人の診療はほとんどせずに済んでいます。
駆け出しの頃は時間外には救急で成人の患者さんも拝見していました。でも、初期研修はそんなことを考える余裕もないほどハードな三次救急で勉強させて頂きましたし、後期研修はかなり僻地の病院でしたのでホームレスの存在そのものがありませんでした。関西から北陸へ抜ける旧街道沿いではありましたので、ときに行きずりの方が倒れて担ぎ込まれてこられましたが、それほど多数でも高額でもありませんでした。
さすがにホームレスの子どもが患者さんとしてお出でになったことはありません。もしもお出でになったとしても、その子の治療費の支出について疑問を呈される方はまず居られないと思います。むしろ、もしも私が「こんな子の治療のために医者になったんじゃない」などと申したら、「そんなら辞めてしまえ」という憤激の声が多数寄せられると思います。
自分では診てもいないくせに偉そうなことを言うなよとのご批判(今回のご質問をお寄せ下さった関係者さまにそういう愚かなご批判は頂かないものと存じておりますが、一般的意味での関係者様の中にはひょっとしてそうお思いの方もあるかもしれません)に対しては、それならいつでも小児科に歓迎しますよとお答えいたします。「こんな事をやるためにこの仕事に就いたんじゃない」という嘆きの度が過ぎるのは、恐らくは”right time, right place”(@内田樹)におられないということだと思うので。当科も苦労は多いけれども、するべくしてする苦労ばかりのように思います。
その上での考察ですが。
ご指摘の、最初は内心に考えることそのものを問題にしていたが、そのうちそれを公言することを問題にするようになったという、私の問題意識のシフトについて考えてみました。
確かにそういうところはあったと思います。最初は、そんな事を考えるのは思慮が浅いというところから批判を始め、そのうちに、そういうことを公言するのは同業者の面汚しだと申すようになりました。
内心に思うことは、内容が何であれその人の自由だと思います。そもそも公言されないと何を考えておられるかは知りようがないので、方法論的にも批判の対象となり得ません。公言されて初めて批判の対象となると思います。その時点で初めて、その思考の内容を聞く立場というものが成立します。聞く立場からの批判が可能となった時点で初めて、公言するなよと言う批判が生じ、ひるがえって(あるいは我々の業界用語では「後方視的に」でしょうか)、そんな思考内容は間違っているという批判も生じ得るのだと思います。ですからこの二つの批判は、まったく別口というよりは、渾然一体となって生じる批判なのではないかと思います。
ホームレスへの嫌悪に限らず、内心に思うことは色々あると思います。それをおくびにも出さず日々の臨床に精進しておられる先生方は、関係者様のみならず、世に多いと思います。そのような己を律しておられる先生方を偽善者呼ばわりするのは中傷というものだろうと思います。むろん諸氏ご指摘のように経済学的考察その他の背景を勉強することで、そういう内心のわだかまりが軽減されればなお喜ばしいと思います。でも臨床の多忙な毎日でそういう知識にアクセスできず、わだかまりをわだかまりのままで抱えておられたとしても、それをじっと抱えたまま日々の臨床に従事しておられるのを、責めるのは不当であると思います。医療行為をきちんとやるのは確かに当たり前のことですが、当たり前の事を当たり前に日々淡々と継続するというのは、ほんらい尊敬に値することではないかと思います。いかなる専門的営為もそうであるように、医療もまた決して容易い仕事ではないのです。その当たり前のことをことさらにお褒め頂いても、それはそれで面映ゆいのですが。わかってるけどお互い面映ゆいから口に出してまでは言わないってくらいが程良いでしょうか。
でも一部の医師が匿名でそれを公言してしまうと、公言した当の本人は当然としても、医師全体がその公言をしたかのような悪印象が生じると思います。とにかく医師は構造的に嫌われることになっている職業です。こんな良い医者が居るから医者って素晴らしいものだという評判よりは、こんなスカな医者が居るから医者って厭なんだという評判の方が世間によほど迅速に駆けめぐるものです。むろん公言したのはその本人だけなので、医師全体がそう公言したかのような悪評というのは正当なものではありません。でも悪評が迷惑なのはその評が正当か不当かにはよらないと思います。正当な評価なら悪評とは言わないとも思います。

①救急診療時における研修医の感想(本音)が、傲慢で、想像力が不足していたということ。
 ②更に、その可能性に思い至ることなく、不特定多数が見るインターネット上に不用意な文章を掲載したことの非。
 今回の議論の論点は徐々に①から②へと変化してきたように思います。
 一関係者として、率直に先生にお伺いしてみたいと思い、コメントさせていただくのですが、先生は(救急で)診療されていて、今回批判された、上記研修医が抱いたような感情をお持ちになったことはないのでしょうか?(感じたことがあるならば、研修医を批判する資格がないなどという、不毛な屁理屈を申し上げるつもりはありませんので念のため・・)
 残念ながら、私は診療していて、件の研修医と同等の、もしくはそれ以上の感情を自覚したことが多々あるのです。
 ②に関しての是非は、あまり議論の余地がないようにも思いますが、①に関しては、どうしても研修医の感情に、”そうだよな・・・そう思うこともあるよな・・・”と、同意してしまう自分が居るのです。
 身勝手な医者の傲慢さ・・・と切り捨てられてしまえばそれまでなのでしょうし、そんな考えの医者には、絶対診察してもらいたくない!、医者を続ける資格なし!という様な声が、早速聞こえてきそうです。それでも、どうしようもなく出てきてしまう”気持ち”は存在し、抹消することは出来ないだろうと思いますし、私は、日々の糧を得る手段としての臨床医という職業をやめることもないと思うのです。
 現在私は精神科医をしております。患者さんに対するネガティブな感情は”転移・逆転移”という術語で語られ、治療過程の一因子として処理する、というのが一つの回答として(自動的に)与えられる、やや特殊な環境に居る者ですが、そういう文脈でない、生の意見をお聞きしたいと思い、この議論の成り行きに注目しておりました。
 感想の垂れ流しは論外、にしても、日々抱く、感情の行方に悩む、”理想的ではない医療人”は、決して少なくないと考えているのです。もちろん”正しい意見”ではないことを承知しているわけですから、その声は、大きくなりようがないのでしょうけれど。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中