ゴミ出し有料化の余録

京都市のゴミ収集が有料化され、ゴミ回収は京都市指定の袋(有料)でないと持って行ってくれなくなった。
ゴミ回収が有料化されるのとほぼ期を一にして、息子が進んでゴミ出しをするようになった。ゴミの日には台所や居間のゴミ箱から中身をゴミ袋にあけて、押し込んで括って、ゴミ出し場へ持って行く。大変に役に立つ。
ゴミ袋が黄色に統一され、しかも京都市指定のゴミ袋である旨が表面に大書されているので、彼の視覚に何らか訴えたのだとは思う。また袋の口も括りやすい構造になっているので、従来の安売りゴミ袋にくらべて作業がはかどるのだろう。さらには、ゴミ集積所に持って行くと、近所から出されたゴミがみんな同じ規格の袋に入って整然と置いてあるので、ますます視覚化・構造化されたのではないかと思う。
ゴミ収集有料化の思わぬ余録ではあった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中