薬師寺の坊さん

仏教発見!
西山 厚 / / 講談社
ISBN : 4061497553
高校の修学旅行で京都や奈良を回った。ちょうど古都税を巡る拝観停止の折で、来てはみたが京都の古刹はどこもかしこも門を閉ざしていた。それはそれでそうそう見れる物ではない、面白い光景ではあった。古刹ったって胡散臭いものだという、ガキが大人の底の浅さを見つけてほくそ笑むような気分だった。一方で3年は受験が忙しいからと2年の8月に修学旅行を片づけてしまう自分たちの胡散臭さもなんとなく感じてはいた。いずれにせよあんまり麗しくないお話ではある。
奈良の薬師寺境内でお坊さんの説法を聞いてたいへん面白かった。面白くはあったが、子供心にも、田舎出のこどもたちの相手など、薬師寺のような古刹にあってはメインストリーム的な活動じゃなかろうと思っていた。奇特で個性的で反主流派な坊さんが居るのだろうと思っていた。それが本書で高田好胤師の逸話を読んで、修学旅行生に力のこもった講話をするのは薬師寺の伝統なのだと知った。私らが拝観したのは高田好胤師が直接に修学旅行生の相手をしていた時代ではないが、それでもなお、仏教寺院への幻滅を一掃するだけの力強い講話が続けられていたわけだ。20年来の誤解が解けた。
案外と修学旅行で薬師寺の面白い坊さんに会うというのは日本全国にあまねく共有された体験なんじゃないかと思う。というのは「究極超人あ~る」にも「薬師寺の坊さん、おもしろかったなー」という台詞がたしか出てくるからだ。ちなみにR・田中一郎と私はたぶん同年だと思う。ともに高校の卒業時に国鉄が民営化されている。
『究極超人あ~る』元ネタ・リストには薬師寺云々は載ってないが、この元ネタリストを作った人は修学旅行で薬師寺には行っていないのだろう。大きなお世話だけど。すんません。

“薬師寺の坊さん” の続きを読む