頑張れ長崎新幹線

例年、来年度予算が云々言われ出すと、整備新幹線がどうこうの話が出てくる。
故郷には長崎新幹線というものの計画があるという。路線図を見るとあんまり速くは走れそうにない。鳥栖から武雄温泉と諫早長崎間は在来線を活用、しかもフリーゲージトレイン使いますって、それはすなわち狭軌の在来線をそのまんま使うってことですかい?今のL特急と比べてどれほど速くなるのやら。
今なら新幹線を博多で降りてL特急かもめに乗り換えて長崎へ行くというのが標準コースである。博多駅は機能的に出来ているからそれほど歩く必要もない。今のままで十分便利である。列車のスピードが多少速くなったって、今は駆け抜けているも同然の鳥栖駅付近で車輪幅の変更のためにしばらく足止めとなると、これは面倒くさい。鳥栖駅の駅弁屋は喜ぶかもしれんが。長崎がまた遠くなりそうだ。
しかし遠くなると言うのが狙いなのなら、地域経済の浮揚のためには妙案である。なんせ帰省のたびに街金とパチンコ屋ばかり増えているような気がして、なんだかなあと心配ではあるのだ。

“頑張れ長崎新幹線” の続きを読む