救急車の事故をおもしろがる朝日新聞

まずは全文引用する。2007年12月24日朝日新聞13判△20面より。字の大きさもなるだけ再現してみる。ただし逮捕された運転手さんの個人名は伏せます。年齢も伏せた方が良いかなと思いますが、年配の方です。医師の名前はもともと書いてありません。

救急車なのにけが人作る
多重事故4人軽傷
 22日午後11時45分ごろ、南区九条油小路交差点で、京都第一赤十字病院(東山区)の救急車が乗用車と出会い頭に衝突、はずみで別の事故処理中だった警察車両や信号待ちしていた3台の車に相次いでぶつかり、計4人が軽傷を負った。南署は救急車を運転していた同病院の契約運転手・・・容疑者(・・)を自動車運転過失致傷容疑で現行犯逮捕した。
 同署の調べでは、救急車は男性医師(・・)が同乗し、長岡京市内の病院に向かう途中で、患者は乗っていなかった。・・容疑者は救急車の赤色灯をつけ、サイレンを鳴らしていたが、交差点の信号は赤で、安全確認を怠ったという。

他紙の淡々と事情を伝える記事のなかで、朝日新聞のこの見出しが際だっている。
下衆な見出しに、気の利いた記事を書いてやったという下卑た嗤いが透けて見える。
年末の番組再編期に午後7時半から9時までの特番で「仰天!世界の珍ニュース」とか銘打って流す類の扱い方である。
朝日新聞の記者にしてみれば、救急車などという人命を救うべき立場のものが他人にけがをさせるとは何事かという糾弾の意図を込めての記事というのが、表向きの意図なんだろうと思う。私も表向きには、そのご意見全くその通りと思います。他人様に怪我をさせるなんて言語道断でございます。ええ。私も、救急車で事故を起こしても仕方がないなんて一切申しませんよ。表向きには。
しかし、この書きように、珍ニュースで笑いをとろうという意図が見て取れて悔しい。彼らの認識では、第一日赤の面々は救急車を運転していて他人様に怪我をさせるなんて言語道断なんだから反論する権利も資格もありはしないというところなんだろう。何を書いて嗤ってやっても朝日新聞側にリスクはなしという判断なんだろう。ノーリスクで他人を叩いて嗤おうという卑怯な魂胆がたいへん醜い。この記者は中学高校時代には何人かいじめて自殺に追い込んだりしていないのかな。
マスコミの問題意識が、他人様に怪我をさせてけしからんという程度の認識で終わってるのも、何とも歯痒い。
いったい救急車に医師が同乗して患者を迎えに行くという状況がどういう状況であるか、朝日新聞のみなさまは(たぶん賢い人ばっかりなんだろうけど)、想像したことがおありなんだろうか。通常の患者転送なら送り元が仕立てた救急車で動くのだよ。医師同乗もないことのほうが多いのだよ。今回、患者を迎えに医師同乗で走ってたってことは、迎えの高次医療機関側が医師を派遣して、搬送前に必要な処置を済ませてから監視しつつ搬送するような状況なのだよ。
ゆっくり走っていられる状況ですか?
ゆっくり安全走行して間に合わなかったら、どういう記事をお書きになりますか?
「医療ミス!たらい回しも間に合わず!」「交差点での事故が怖かった?それでも医者か!」くらい、この記者さんなら書くかもしれんなと思う。怖い怖い。
緊急走行中なら赤信号でもモーターサイレンを鳴らして徐行しつつ進行する。余儀なくされない限り停止はしない。むろん確認はするものの、通常の走行に比べて安全と言うことはありえない。しかも、搬送元で患者さんを拝見して状況を落ち着かせてならまだしも、収容前である。一刻も早く搬送元に到着して診療に取りかかりたいのが、搬送側の心情である。朝日新聞にはそれがわからんのだろうか。
内情を明かせば京都第一赤十字病院は総合周産期母子医療センターなのだから、この救急車は新生児搬送にも使う救急車なのである。それが大破したのである。京都市内に新生児搬送を医師同乗で行っている救急車はこことうちとの2台しかないのに、その1台が、「乗用車と出会い頭に衝突・・・3台の車に相次いでぶつか」ったような事故にあってしまったわけである。どうするんだよと思う。年末年始が思いやられる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中