サウンドレベルメーターは意外に安く、NICUは意外にうるさい。

サウンドレベルメーター(騒音計)GS-04 デジタル騒音計 音測定器

この機種だったか、看護師さんたちが看護研究をしたおりに買い込んできたものがNICUに置いてある。高価なカテゴリーの機械かと思っていたら意外に安いので驚いた。予算執行の障害がすくない私立病院の常なのか安いおもちゃはわりと簡単に買って貰える。
しかしNICUのなかでこの機械を使ってみると、自分の耳には静粛に感じられるNICUもじつは意外にうるさい。なかなか50dBを下回らない。誰かがSpO2なりHRなりのアラームを鳴らし始めると、いちおう最小レベルの音量に設定してある筈なのに、いっきに60dBに達してしまう。
むろん夜間である(なんぼ部長バカ一代な私でも昼間にそんなことして遊んでいるわけにはいかない)。ということはNICUの赤ちゃんたちは常時50dB以上の騒音に晒されていることになる。「騒音に係る環境基準について」を参照するとどうにもよろしくない。やっぱりこれはAAを満足して当然というのが世間様のご期待であろうが、Cすら満足に満たせていない。
ちなみに(むろんカラの保育器で試しましたよ)保育器の手窓をぱあんと勢いよく閉めたらメーターの表示がかるーく70dBを越えた。アトムの2100Gだからわりと新世代の保育器なんだがね。赤ちゃんの耳元で突発する70dBの騒音。無神経に保育器の手窓を開け閉てしてたらそれだけで赤ちゃんの耳を潰しそうだ。手窓はそっと閉めろ。昔から口うるさく言い伝えられてきたNICUでのお行儀作法の重要事項ではあるが、むべなるかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中