新生児蘇生法の講習会をやってみた

新生児蘇生法の講習会をやってみた。専門コースと一次コースを各1回。現時点での感想。

一度目はしどろもどろだったが、二度目はかなり様になったかと思う。でもあとで指導中の写真を見ると(ちゃんと講習会をやった証拠に学会に提出しなければならない)シナリオ演習などマニュアル首っ引きなのが見て取れて、なんじゃこりゃと思った。

それはそうだがこの講習会は画期的だと思う。いや、私の指導法がじゃなく、学会の組み立てたブログラムが、だがね。従来の蘇生法講習会は座学とスライドだけだった。やってみるったって、看護師に人形相手の気管挿管なんかやらせてみたりして、なんじゃそりゃと思っていた。この周産期新生児医学会の公認講習会では、講習を受ける人全員に予習が前提で、講義の前にプレテスト、講義のあとには基本的手技練習にくわえシナリオ演習とポストテストがつく。台本通りのシナリオ演習でも、じっさいに自分の頭と手を使ってやってみるってのは、座学の受け身オンリーとは、使用する脳の部位すら異なる。

このシナリオ演習は、武道の型稽古みたいなものなんだろうと思う。私は武道はたしなんだことがないのでよく分からんが。流儀や術派ごとに、言い伝えられた型があって、どの型をどのレベルでこなしたら段位は何段とか、免許皆伝とか。同じ型でも稽古をやればやるほどに、その型に込められた先人の知恵みたいなものの理解が進んで上達したりとか。他所の見学とか他流試合とか就職試験とかでも、型をいくつか演舞して見せたら腕前が知れたりとか。

現代的には、その施設の代表的な医者に、何番の型というのをやらせてみてyoutubeとかニコニコ動画とかに発表すれば、だいたいその施設の程度が知れたりとか。学会の学術集会とかオフ会とかで演武会をやるとか。真剣勝負は別だとか寝言を言う向きもあるかもしれんが(私など真っ先に言いそうだな)しかし一度負けたらそれで引退の真剣勝負を何回もやれる人間はそうそう居ないし、それよりは毎日毎晩の型稽古を詰んだ人間の方が腕は上だろうよとも思うし。

とりあえず、これで当院の小児科・産科医師のほぼ全員が専門コースのプロバイダ資格を取ったはずだ。あとは今年中に、周産期病棟の看護師全員に一次コースのプロバイダ資格を取らせるのを目標にする。すべての分娩にこのプロバイダ資格をもったスタッフが立ち会える態勢をなんとか作り上げる。って、今まではどうだったんだよとのお叱りはあるかも知れないが。

送り出す

来月のシフトを組みながらまた頭を抱える。回らん。

2年間にわたってがんばってくれた若手を、来月は送り出すことになるわけだが、送り出してしまうとなお回らない。

しかし彼の成長のためには送り出した方が良いというのも事実だ。2年間うちにいて、新生児によくある病気はひととおり診たはずなので、今はひたすら経験の量を重ねて質に転化させるべき段階に来ている。ということで、いよいよ大きなNICUサイトへ向けて送り出すことになった。そこで今以上に幅広くたくさんの症例*1を診てゆくうち、ふと気づくと現時点よりも一段も二段も上のレベルから全く違った世界が見えているということになるはずだ。

うちの施設にとっては、あるいは端的に申して私にとっては、出て行かれるのは痛いことだ。でも、痛いと言ってうちの都合で長居をさせようとしても良い結果にはならないだろう。気持ちよく出て行くか、喧嘩別れして出て行くか、無理やり引き留めていやいや仕事を続けさせるかの三択になりそうに思う。それなら気持ちよく送り出す方が良い。

内田樹先生のご高説にもあるとおり、どうしても欲しいものがある場合に、それを手に入れる唯一の方法は、まず自分からそれを他に贈与することだ。私は内田先生ほどに学識も人生経験も積んでいないが、たぶんこれは本当のことだよなと思う*2。優秀な若手ほど欲しいものは無いとしたら*3、それを手に入れる唯一の方法は、たぶん、うちの優秀な若手を良い時期に他施設へ送り出すことなんだろうと思う。

逆に、実も蓋もないことを言えば、あの施設へ行ったら延々放してもらえず飼い殺しにされるとかいう評判なんぞ立ってしまったらもう救いようがない。

*1:赤ちゃんを「症例」と呼ぶことに不快を感じられる読者諸賢もおありかと思い普段は控えています。すみません。

*2:そうささやくのよ、私のゴーストが。

*3:もちろん優秀なベテランならさらに大歓迎だけれども奇跡とか天変地異とかは語っても仕方ない。

別に治療を止めろと強制しているわけじゃないんだよ

重篤な疾患を持つ子供の治療方針決定のあり方の公開フォーラム(2月26日) – がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ – Yahoo!ブログ

 朝日新聞の記事が引用してあるわけだが、この記事を書いた朝日新聞の記者さんはガイドラインの内容を多少誤解なさっておられるんじゃないだろうか。今回のガイドラインは終末期医療の具体的内容自体を限定するガイドラインじゃなくて、終末期医療の方針を決める際の「話し合いのしかた」に関するガイドラインなのだと私は認識しているのだが。この記事がほのめかしているよりも一段メタレベルの話なんだけどな。

 だからガイドラインのなかには、この疾患なら救命不要とか、これくらいの重症度なら延命不要とか、そういう実も蓋もないお話は出てこないように思う。思う、というのは、正直なところ一読して新生児医療において先行したガイドラインとどこが違うのか、その差異を見つけ出せなくているので、なんか私も誤読してるんじゃないかという留保をつけての表現。と言いますか、学会の偉い人にポンと肩をたたかれて「君も若いね」と言われるような可能性もちょっと考えてます。そんな二枚舌の学会に居続けるのはごめんだけれども。と言うわけで、以下も私の個人的解釈とご承知いただきたい。

新生児医療現場の生命倫理―「話し合いのガイドライン」をめぐって

新生児医療現場の生命倫理―「話し合いのガイドライン」をめぐって

新生児業界のはこちら。

 避けられない終末の迎え方に関しては、朝日新聞の記事にあるように、延命一辺倒ではないありかたも現実にあるわけなのだが、公的にはそれはないことになっているから、無いものは無いんだっつうことで公式の延命一辺倒になったり、何とはなくなあなあのうちに終末を迎えてしまったりしている。非公式な方針は後ろめたいんで、事前にせよ事後にせよ口に出すのが憚られる。それが証拠に、私自身は自分のNICUでそういうことがあるとか無いとかこの場ではいっさい言わない。読者諸賢には重々ご承知いただきたいが、私はこの場ではあるともないともいっさい言ってませんからね。

 でもそれじゃまずいだろうよと、そんな大事なことはせめてしっかり話し合いをして方針を決めようよということで、その話し合いにはせめてこれくらいの手続きと水準を踏もうよと、提唱したのが今回のガイドラインだ。違いますかね、朝日新聞の大岩ゆり記者さん。ガイドラインをご高覧いただいて(当然読んでますよね、ね!)、新聞記者の目にはどのように解釈できるものなんでしょうかね。

 たしかこの小児科学会版のガイドラインでも、新生児のと同じく、冒頭に、話し合いに際してはまず子どもの利益を最優先に考えましょうと明記してあったはず。病院の入院期間が長くなるからとか、介護の負担が大変だからとか、そういう諸事情を第一に考えてないかと各々しっかり自省しましょうよと。各々の大人の事情は置いといて、まずこの子の利益を最優先に考えたらどうするべきなんだろうと、それを話し合って考えていきましょうというのが今回のガイドライン基本的な精神じゃないかと私は解釈したのだが。その精神に基づいてしっかり話し合いをするさいには、せめてこれくらいの手順・水準の話し合いをせにゃならんよと、むしろ安易な延命中止には歯止めを掛ける可能性すらあるガイドラインだと思うのだがね。

 とはいえそういう話をする段になると、やっぱり家族に署名を求めるのは辛くて、というか家族の前で説明しながら紙に内容をかいてゆくのさえ、冷酷な事実を突きつける形になるんでやっぱり辛くて、その点では朝日新聞の記事に書かれた豊島先生のコメントに私もおおいに同感なのだけれども・・・・おっと私自身にそういう経験があるとか無いとかこの場では一切申し上げてませんよ・・・記事中の豊島先生のコメントを「迷う家族に書面を突きつけて治療中止の同意署名を取るのは辛い」という意味に取るとしたらそれは誤解です。そうとしか取れないような記事になってるんで、朝日新聞の大岩記者らがガイドラインを誤読したうえで豊島先生のコメントも誤読に沿った構成をしたんだなあと私は思ってるんだがね。

 そりゃそうと実名ブログってすごいよね、と豊島先生のブログを拝読して思った。このブログも読む人が読めば私が誰かは分かるんだろうし、分からない人には分からない方がいいですという小心さで書いている訳なんだけれども。たまに勤務先や上司やの悪口を書いたりするから、読まされる方もこれは誰が誰のことを書いているのかと公式には特定できない形をとったほうが宜しかろうという思惑もあって。でも知った人が知った分野で実名で書いてるとやっぱり迫力が違うなと思う。むろん業績も違うんだけれどもね。

NICU退院後の子にはfacebookのアカウントを持たせるとか

NICU退院後のフォローアップに関して、これからのやり方をあれこれ考えている。あくまでも思考の練習問題。

facebookって私も活用できてはいないから、例としてあげただけなんだけれども。容量制限無しの母子手帳がオンラインにあって、NICU退院サマリーとか日々の様子とか書き込めて、普段はfacebook従来の活用法でいいんだろうけど特別な権限のある人には特別な領域まで閲覧できるようになっている、というのは不可能なんだろうか。児童相談所の人なら強制閲覧もできたりとか。

国や自治体に要望したり学会で作ったりしても、建造物にしてもネットワークにしてもどうせしょぼいものしかできやしない。どうしてもお上の力を借りたければ「私のしごと館」の廃墟でも活用することを考えてみればいい。あそこを京都の発達フォローセンターにしたとして、誰が喜んで通うんだ?

国になにをさせるかではなく

長野のフォーラムでは、昨夏の学会主催若手キャンプで若手がチームを組んで競作した提言の、優秀作が発表された。

なんかこう、みんなマジメだねと思った。そんなマジメに学会上層部の言いたいことを斟酌しなくてもいいんじゃないか?と突っ込んでみたかった。まだ若いのにね。きみら腹話術の人形でも預言者ダニエル*1でもないんだろ?

たとえばの話、フォローアップでのドロップアウトをふせぐ方策としてフォローアップ外来に受診したら1000円キャッシュバックとかいう発想をする人はなかったんだろうか。あるいは、そもそも何だって極低出生体重児のフォローで将来のメタボまで気にせにゃならんと言って、メタボから致命的な健康障害を引き起こすリスクと数十年間メタボを気にして過ごすどんより感とを比較考量するとか。あるいは、ハイハイしている写真をとって年賀状ちょうだいねとか。それで痙性対麻痺のかなりよいスクリーニングになりそうな気がするんだが。

俺もあんまり発想が豊かな方ではないな。

学会の偉い人の言いたいことってのを斟酌しすぎると、結局のところ「国に何をさせる」っていう話にしか行き着かないような気がする。あるいはその亜型として、「社会に何をさせる」「社会に何を訴える」云々となる。どんな着想もその形式にすべて落とし込まれていくようで、せっかくの未来ある若手を香川くんだりにまで集めて何をつまらぬ型にはめてるんだかと思う。それは今の学会上層部がいわゆる「団塊の世代」であることの致命的な結果なんだろうけれども。

加えて言うなら、国でも社会でもよいが、なにか他者がこれをやってくれたら現状が良い方へ一変する、みたいな幻想は全共闘あたりで懲り果てようよとも思う。革命じゃ物事はよくならんよ。農夫が「提言」をやっとるうちはヒバリの母さんも引っ越す気にはならないものだ。自分で麦刈りをし始めないとね。

あと、これだけは私もマジメに言うけど、他人様の子の成長を云々するフォローアップ外来について「満足していますか」と問われて「満足しています」なんてマジメに答えるほど増長してはいかんと思うよ。

*1:預言者ダニエルというのは王様から「変な夢を見たので適切に夢占いをしろ。できなければ殺す。ただし夢の具体的な内容は忘れてしまった。」などという無理筋な命令を受けた人。他にもライオンでいっぱいの洞窟に放り込まれたりとか、いろいろと気の毒な扱いを受けている。

腹囲が5cm増えていた

半年おきの職員健康診断で、腹囲が5cm増えていた。

前回は8月の健診で82cm、今回は87cm。計り直すのも沽券に関わるのでそのまま記入してきた。

前回は4月から7月まで4ヶ月間、ほぼ毎日大学まで自転車で往復していた時期の直後であった。今回は寒いよとか暗いよとか言ってあんまり自転車に乗っていなかった。でもここまで太るか?中年ってすごいなと思った。

体重がほとんど変わっていないのにむしろ危機感を持った。腹囲が5cm増えた分、身体のどこかが減っている。間違いなく筋肉が落ちている。

だんだん日も長くなって、朝夕に自転車に乗る時間もできてくるはず。トレーニングしないと。