便乗値上げをしたホテル、炎上したブログ

東北関東大震災の発生した直後に、東京の社長さんがブログで、混乱に便乗して宿泊代を値上げしたホテル社長を賞賛して、ひんしゅくを買った。結局、ブログが炎上して閉鎖してしまった。

でも今の世の中だと、震災のときに帰れない人を目当てに宿泊代を10000円から15000円に値上げしたことなんて、ころっと忘れられるんだろうなと思った。たぶん何事もなかったように、そのホテルはこれからも繁盛してゆくんじゃないかなと思う。そのホテルが潰れるのは、こういう価格変更が記憶されて閑古鳥が鳴いたときではなくて、隣に9800円のホテルができたときなんだろうと思う。

もし本当にお客さんが憶えていると判明したら、そのときには看板を付け替えて壁紙を貼り替えて、系列のホテルと職員を交換して、「悪徳ホテルが潰れたから施設を買い取って心機一転、良心的なホテルが新規開店いたしました」という物語を描いてみせればよい。社長さんの懐にはそれほどの痛みもないだろう。

一円でも安い店をネットで探して容赦なく乗り換えるお客さんなんて、いまどき珍しくもないだろうに。取引停止をちらつかせて下請けや卸を泣かすなんて今の日本には日常茶飯事だろうに。そういう購買行動がのさばっている時代に、売り手にばかり昔ながらの商売の道徳を要求するのはアンバランスなんじゃないかと思う。

じっさい、こういう社長さんたちが繁盛しているからには、こういう社長さんを繁盛させるようなお客さんがいるんだろうと思う。生き馬の目を抜くように、義理も人情も抜きで価格だけが勝負みたいなお客さんが。そういうお客さんと社長さんとで、成り立っていく経済もあるんだろう。あんまりお近づきになりたくないけどね。

せめてそういう人たちには、自分たちがひどく下品なことをしているんだと、自覚してもらいたいと思う。自分たちが社会のメインストリームだとかいう勘違いはしないでいただきたいと思う。お天道様の目を憚るようなことは、あんまり自慢げに語ったり人に勧めたりはしないものだ。

正しい悪の組織のありかた

「悪の組織」の正しいあり方について。

たとえば石原慎太郎首領閣下であるが、このたびの震災を「天罰」と喝破された。震災の膨大な被害や、原発の事故や、なにやかやで人心が鬱屈してきた時期、どこかに怒りをぶつけたいが良識ある身には誰を攻撃しようもないという時期に、実に正しいタイミングで石原慎太郎的な言動をとられた。もちろんのことに大顰蹙を買ったわけだが、この大顰蹙にエネルギーを吸い取られて、賢しらな政府批判が始まるタイミングが数日遅れたように思う。

なんで彼はいちいちあんな爪の先でガラスをこするような言動をとるんだろうと考えてみる。ここらでこういうことを言わねばならんと彼のゴーストがささやくんだろうけど、そういう、正しい「悪の組織」のありかたを彼は感覚的に知ってるんだろうと思う。むかし露悪的な小説を書き始めたころからの、同じ魂が彼を駆動してるんだろう。毎週日曜の朝にそろそろ仮面ライダーの活躍を観たいなと思って早起きするよい子のおともだちの期待を裏切らず、きちんと改造人間を送りつけて幼稚園バスとか襲撃させるショッカーの偉い人のように、世のため人のため、「許しがたい悪の組織」がなすべき仕事をきちんとこなしておられるんだろうと思う。

その後の撤回のしょぼさもまたお約束であって、ドクロ型の噴煙をあげて爆発したあげくに三人乗りのタンデム自転車で逃げるような、じつに正しい「許しがたい悪の組織の末路」を演じて見せたわけだ。すばらしい。彼の人気が絶えないわけだと思う。

閣下の偉大な業績を賞賛する過去の記事はこちら。
こどものおいしゃさん日記 うしろすがたのしぐれてゆくか : セカイにはばたけ石原慎太郎

東京電力という企業のあり方もまた、正しい悪の組織のあり方を踏襲しているんだろうか。最近の東電の行動のあれこれは、「原発が悪いんじゃないんです。みんな東電が悪いんです」というメッセージを必死に発信しようとしているようで、いやそこまで悪役にならんでもと多少気の毒なわけだが。そういえば、ショッカーを殲滅したゲルショッカーみたいに、組織本部へ乗り込んでいって大きな声で激励のメッセージを発せられた偉い人もあったな。

震災復興支援の新生児蘇生法講習会を考えています

さきの投稿にコメントをいただいて、当地(京都です)できることはないかとあらためて考えました。で、「震災復興支援新生児蘇生法講習会」を開催するのはどうだろうと考えつきました。

これまで数回、院内のスタッフを相手に無料の講習会を行ってきましたが、今後は公募をかけて、有料の講習会を行います。むろん義援金に充当するのが目的です。

おそらく、東北や関東から当地を含め西方へ避難してこられる妊産婦のかたは多くなるだろうと予測します。不慣れな土地で、すこしでも安心してお産に臨んでいただけるよう、新生児蘇生法普及に拍車をかけたいと考えます。まあ、象の尻をノミが蹴飛ばすほどの、ささやかな拍車でしょうが。

まだ何もしないうちから手柄顔してブログに書くのも何だと思いますが、私よりも経験を積んだインストラクターの方々にぜひご賛同をいただいて、各々の施設で講習会を活発に開催しましょうと呼びかけたいと思います。多くの人数をこなさねばなりません。私一人が少々手柄を立ててからなどと思っているうちに時機を逸してしまうことを恐れます。

それも、このさい、思い切って公募をかけて行きましょう。施設内にインストラクター資格を持った人間がいて、非公募の講習会を開いてスタッフ教育ができる施設は限られると思います。多くの妊産婦さんが避難して来られると、非公募の講習会には縁がないような規模の施設にもいっそうの活躍を願わねばなりません。公募でいきましょう。

しばらく沈黙しています

しばらく沈黙しています。震災に圧倒されて言葉もなかったためなのですが、自分も赤ちゃんの蘇生中(とくに重症な場合)などに傍からわあわあ言われるのをひどく嫌がる性分なので、無用の雑音をたてないようにというつもりもあります。

犠牲となった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

被災地の皆様の生活の安定をお祈り申し上げます。

救援に向かわれた方々のさらなるご健闘をお祈り申し上げます。

福島第一原発でご健闘中の方々や周辺の皆様の被曝が最少となりますよう、お祈り申し上げます。

語り得ないことには黙っていようと思います。しかし、いま自分が語り得ることはどれもこれもひどく些末なことのように思えます。

否定も肯定もしないまま、2週間サスペンド

サスペンド、というサスペンス(あと2週間) – 感染症診療の原則

まあ、予想通りの結論と言えば結論。緊急会議の第一の目的は、この議論を緊急にやるべきかどうか、ということを議論することにあるんだろうから。で、まあまあ腰を落ち着けてじっくり話し合いましょう、ということになったのだというのが私の解釈。

この二つのワクチンを何年待ったことかと考えると、拙速のあまり無期限中止なんてことになったら悔やんでも悔やみきれない。今回の「あわてるな」という結論はまことに時宜を得た結論だと思う。評価する。設定された2週間のあいだに十分に議論をして頂きたいと思う。

こうして待つあいだ、世論もじっくりと腰を据えて待ってくださっているように思えて、世の中は進歩しているのだなと喜ばしい限りである。なにさま、予防接種の副反応を原疾患の危険度と比較して定量的に考えるなんていう議論は、20世紀末の日本では不可能だった。現代の親御さんたちには信じられないことでしょうけど、口にすることすら憚られていた。副反応によって健康を害された人の人権をふみにじる、非道はなはだしい議論だとされていた。いや原疾患で健康を害した人はどうなるの?と言えなかった自分たちにもふがいなさを感じて忸怩たる思いではある。