ゴルゴのび太説 女性に大もてなこと。

ゴルゴ13の過去はのび太だった説
二人とも女性に大変にもてる。私如き凡夫には分からぬ魅力があるらしい。
女性読者には不快感を与えるかも知れないので「More」機能を使ってワンクッション置かせて頂きます。でも、CAPに関わる記載もするので一応読んで下さいね。

“ゴルゴのび太説 女性に大もてなこと。” の続きを読む

ゴルゴのび太説 優秀な頭脳

ゴルゴ13の過去はのび太だった説
ゴルゴとのび太は頭脳の優秀さが決定的に違うかに見える。18カ国語だか28カ国語だかを操り、該博な知識で困難なミッションを成功に導くゴルゴ(実例は枚挙に暇がない)。依頼人の嘘を的確に見抜く分析力。かたや、ADHD・LDの解説書に実例として挙げられてしまうのび太。このギャップをどう説明するのかとの反論もあろう。
まず語学力。のび太としての少年時代には、彼はドラえもんの道具である「翻訳こんにゃく」を食べることで言語の問題を解決する。これは相手の言葉が自国語に聞こえ、自分の言葉は相手の母国語に聞こえるという便利な物質である。これを大量に(生涯分)手元に置いておけば解決である。ついでに言えば、「暗記パン」というものもある。憶えたいページに押しつけてから食べればそのページを丸暗記できるというもの。これもゴルゴ稼業には欲しいアイテムである。
それにしても、のび太は世間に言われるほどの莫迦な少年なのか?
第1巻「ドラえもんがやってきた」を参照しよう。正月にいきなり自分の学習机の引き出しが開き、中から猫型ロボットと自称するどう見ても狸の化け物が出てくるのである。さらには自分そっくりの少年も。ここで普通はパニックを起こすものであるが、のび太は短時間驚いただけで迅速に現実を受け入れて順応している。順応するばかりか、自分の運命を変えるというセワシやドラえもんに対して、自分の運命を変えたら君は生まれてこないことになるという、タイムパラドックスの基本を的確に指摘している。のび太は後のゴルゴの行動力に通じる才能の片鱗を既に見せているのである。
いささか邪悪にも、既にのび太は少年時代から後を見越して、じっと爪を隠していたのではないだろうか。

ゴルゴのび太説 睡眠コントロールの天才ぶり

ゴルゴ13の過去はのび太だった説
二人とも眠りの天才である。のび太が昼寝ばかりしていることは有名である。なんと1秒以内に熟睡できるという。既に少年時代から睡眠レベルのコントロールという才能を発揮しているものと考えられる。ゴルゴも初期作品から、腕時計のアラームをかけて狙撃直前に寝ていることがあった。彼の寝首をかこうとしても襲撃の寸前に彼は必ず覚醒し反撃する。超能力者に護衛された相手を狙撃するために、ヨガの修行をして瞑想状態に入り、狙撃の瞬間にいきなり覚醒して狙撃に及ぶという離れ業も演じる。このゴルゴの睡眠コントロール能力は、少年期からの修行に基礎を置くものと考えられる。