When Bad Things happen to Good People

When Bad Things happen to Good People  
 邦訳 「なぜ私だけが苦しむのか 現代のヨブ記」 H・S・クシュナー著 斉藤武訳 (岩波書店 同時代ライブラリー)
 最近私がブログに頻々に書いている障害のテーマについて、本書を参考文献に挙げないのは妥当ではない。本書で読んだことをさも自分で考えたかのように語るのはちょっと気が引ける。
内容は題名のとおり。善良に暮らしていた人に突然に災いが降り掛かってくるという不条理を扱った書物である。著者はユダヤ教のラビである。早老症という、幼児期から身体に老化を生じ10代で老衰死する難病で愛息のアーロン君を亡くされた。自分は御心に適う生活をしていたはずなのにこれは不公平なのではないか、仮に自分に何か落ち度があったとしても、何故にその罰が自分ではなくて息子に下されねばならなかったのか、その痛切な問いから始まる書物である。
その問いに、彼は真摯な回答を出している。自ら苦しんだ末にしか出せない回答だと私は思う。その素晴らしい回答を要約する技量は私にはない(そんな文章力があったらいいなとは思うが)。下手なネタばれの愚も避けたい。
紹介のために、一部を邦訳から引用する。

アーロンが生き、そして死につつある時、私たちの助けとなった本や人は、そう多くはありませんでした。友人たちは助けようとしてくれましたし、親切にしてくれましたが、十分な力になってくれたとは言えません。また、私の読んだ本は、神の栄光を守ろうとすることに重きを置き、理論的な証明でもって、悪はほんとうのところは善であり、悪はこの世界を善いものにするために必要なのだと述べるのみで、死につつある子供をかかえる親たちの苦悩や困惑を癒そうとするものではありませんでした。それらの本は、自らが提起する疑問に答えようとしているだけで、私の問いにはなんら答えてくれなかったのです。
この本は、そういうたぐいの本ではないことを願います。私は、神を擁護したり、説明しようとしてこの本を書いたのではありません。すでに出版されている多くの専門書に、さらに一冊を加える必要もないでしょうし、かりにその必要があったとしても、私は正式に哲学を学んだ人間ではありません。私は、人の悲しみを体験した人間であり、根本的に神を信じる人間です。死や、病気やけが、そして拒絶や失望によって人生に傷ついた人のために、また、この世に正義があるなら、こんなことが自分に起こるのはまちがっていると考えている人に読んでもらいたくて、この本を書きました。
そのような人にとって、神とはいったいなんなのでしょうか?そのような人は、いったいどこに、力や希望を求めればいいのでしょうか?もし、あなたがそのような思いを抱く人のひとりであり、神の善や公平を信じようと思いつつも、自分自身や愛する人びとにおそいかかった理不斥な不幸のために信じられないでいるとしたら、そして、この本がそうしたあなたのお役に立つことができるならば、私は、アーロンの痛みと涙からいくばくかの祝福を取り出せたことになります。
もし、私のこの本がその目的であるべき人間の苦悩や痛みからそれて、神学的解釈論にはまりこみそうになったとしても、なぜこの本を書くことになったのかというアーロンとの体験が、私を原点に引き戻してくれるだろうと願っています。

“When Bad Things happen to Good People” の続きを読む