喉頭は両目では見えてなかった

蘇生練習人形を相手に気管内挿管の練習をしていて気づいたのだが、展開した喉頭は利き目である右目でしかみえてなかった。試しに利き目をつぶってみたら口の中すら見えなかった。

気管内挿管の時には展開した喉頭に気管チューブを誘導するのが意外に難しいのだけれども、それは片眼視しかできてないのに両眼視しているつもりでいるからかもしれない。遠近感が微妙に狂うんだろうと思う。

これは口の大きな成人領域の挿管でも当てはまる話かどうかは分からない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中