未熟児新生児学会から帰ってきた

名古屋で行われた日本未熟児新生児学会に行ってきました。
泊まったホテルには温泉がありました。掲示には、地下1300mあまりの深さから汲み上げたかけ流しで湯温24度だから再加温してあり云々とありました。24度ってそりゃあ温泉じゃなくて井戸なんじゃないかいと思いました。でもまあ、良い湯にはちがいありません。3日間の学会から帰るたび温泉につかってました。すっかり、名古屋は温泉の町だという印象が染み付いています。あ、ちなみに旭川は私にとっては「台風の来る町」です。
名古屋の地下鉄は駅間の距離が長いなと思いました。たいてい地下鉄一駅くらいなら歩くんですけどね。名古屋でなら一駅でも地下鉄に乗るかな。
学会は聞き逃せないシンポジウムや講演やが目白押しで、ポスター発表を一枚一枚じっくり拝見する時間がとれませんでした。せめて初日からポスター貼ってくれないかな。2日目からおもむろにポスター貼りだしだったのです。初日に行われた新生児学の講演は、現代のテーマと過去のお話が入り交じって行われてましたから、まだ抜け出して見に行くこともできたのですが。でもたぶん、初日からポスター貼ったらみんなそっちに行っただろうなと思いますので、それも計画のうちだったのでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中